独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

公害防止管理者試験の過去問・解説の入手法

kurupanです。

 

公害防止管理者試験の対策を進める上で過去問は必須ですよね。

本記事では、公害防止管理者試験の過去問の入手法を解説します。

 

 

 

 

公害防止管理者試験の過去問の入手法

公害防止管理者の過去問は、産業環境管理協会のウェブサイトから入手することができます。

各科目の6年分の過去問と回答が無料で公開されています。

なかなかの太っ腹です。本格的に資格勉強を始める前に、この過去問を使って自分の実力を確認してみましょう。

 

公害防止管理者試験の問題の解説の入手法

公害防止管理者試験の回答は公開されていますが、解説は公開されていません。

ある程度内容を把握している方であれば、解説がなくても問題ないですが、ほとんどの受験生にとっては、解説が必要だと思います。公害防止管理者試験のように、重箱の隅をつつくような出題がされる試験であれば尚のことです。

有志の方が、無料で過去問と解説を公開しているサイトもあります。

ですが、私は市販の過去問を購入されることをお勧めします。

公害総論などの法令を暗記するだけの科目であれば、無料の解説でも問題ありませんが、それ以外の暗記のコツが必要な科目、複雑な手順の分析などが出題される科目に関しては、やはり専門家が出版している有料の問題集の解説に軍配が上がると思います。解説の詳しさ・わかりやすさは、さすがの一言です。

私のおすすめは「公害防止管理者試験 攻略問題集」です。6年分の問題と詳細な解説が6年分収録されています。毎年発行されているので、時事問題にも対応可能です。

科目ごとにまとめられていることが特徴です。この問題集を解くだけで、過去の出題を傾向を把握することができますし、ある程度体系的な知識を身に着けることができます。参考書と一緒に購入し、知識を補強することをお勧めします。

www.dokugaku-shikaku.work


 

〇まとめ

本記事では、公害防止管理者試験の過去問と解説の入手法について説明しました。

過去問は無料で入手することができますが、初学者の方には解説が必須だと思います。わかりやすい解説がついた過去問を活用して効率よく対策してみてくださいね。

 

www.dokugaku-shikaku.work www.dokugaku-shikaku.work

 

www.dokugaku-shikaku.work