独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

水質関係公害防止管理者とは?

 

kurupanです。

 

私は2017年に水質関係第1種公害防止管理者に1発で合格しました。

どのような資格なのか?メリットはあるのか?難易度は?などを解説します。

 

おすすめテキスト・参考書・問題集はこちら↓ 

www.dokugaku-shikaku.work

kurupan.hatenablog.com

 

公害防止管理者とは

そもそも公害防止管理者とはどのような資格なのでしょうか?

経済産業省のウェブサイトには以下の記載があります。

公害防止に関して専門知識を有する人を工場に配置し、その工場内に公害防止組織の整備を図る制度です。工場の最高責任者である「公害防止統括者」、専門知識を有する技術管理者である「公害防止管理者」、統括者を補佐し管理者を指揮する「公害防止主任管理者」で体制を作り、従業員はその指示に従う義務が課せられています。

引用元:経済産業省ウェブサイト

http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyokeiei/environmentguideline/top/system.html

工場を稼働していると、有害な大気や排水などが発生し、公害を引き起こす場合があります。

このような公害原因を適切に処理し、無害化することが法律で義務付けられています。その管理者が公害防止管理者、というわけです。

公害防止管理者に選任される人間は国家資格である「公害防止管理者」の資格を持っている必要があります。

f:id:kurupan:20180930231933j:plain

引用元:経済産業省ウェブサイト

http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyokeiei/environmentguideline/top/system.html

法律により、特定事業者(一定量以上の公害原因が発生する工場を有する事業者)では、公害防止管理者の選任が義務付けられています。例えば、化学工場などでは公害防止管理者を専任していないと、工場を運営できません。

つまり、公害の原因が発生してしまう工場にとって、公害防止管理者の資格をもつ人間は必須なのです。

(ちなみに、「公害防止主任管理者」は一定以上の規模の工場で必要になる公害防止管理者のまとめ役のような存在で、こちらは公害防止主任管理者の資格が必要になります。一方、「公害防止統括者」は工場長などの事業の責任者が担う役割で、実際の業務を担当しないため、資格は必要ありません。)

 

 

〇仕事に活かせる?求人は?

先にも述べましたが、公害防止管理者は必置資格であるため、一定のニーズが必ず存在します。

企業の環境に対する責任が年々増加している中、転職市場でもニーズが高まっています。また、工場勤務に必要な資格の中では高難易度であるため、人材が不足しており、転職時に有利になります。求人の必要資格・歓迎資格に含まれていることもしばしば。

公害防止管理者の求人についてはこちらの記事をどうぞ↓ 

www.dokugaku-shikaku.work

 

また、会社によっては手当を出しているところもあります。受験前に自分の会社の手当の制度を確認しておきましょう。

公害防止管理者は自分の市場価値を向上させることができる資格といえます。

 

〇種類は?

公害発生施設の種類に対応して、公害防止管理者にも種類があります。

  • 大気関係第1~4種
  • 水質関係第1~4種
  • 騒音・振動関係
  • 特定粉塵関係
  • ダイオキシン類関係

大気と水質の「第〇類」は煤煙・排水の量や種類によって区分されています。第1種は第2~4種の上位資格のようなもので、煤煙・排水の量にかかわらず工場を監督できます。

もし皆さんが自分の職場で取得が必要になった場合は、必ずどの区分の資格が必要か確認するようにしてください。

 

私が取得したのは、「水質関係第1種公害防止管理者」の資格です。すべての排水発生施設を管理することができます。

主に化学工場や食品工場、製薬工場などで必要とされる資格です。 

 

〇試験制度は?

公害防止管理者試験は科目別合格制度を採用しています。資格の種類によって異なる科目が設定されており、必要な科目に合格することで資格を取得することができます。

水質関係第1種公害防止管理者試験に合格するためには、以下の科目に合格する必要があります。

  • 公害総論
  • 水質概論
  • 汚水処理特論
  • 水質有害物質特論
  • 大規模水質特論

例年、合格基準点は各科目で6割となっています。

また、1度合格した科目は2年間受験が免除されるのも、この試験の特徴です。つまり、

  • 1年目に3科目合格
  • 2年目に残りの2科目合格→資格取得!

という作戦をとることができます。ただ、2年かけても残りの科目に合格できず、一度合格した科目の免除期間が切れる、という方も結構多いそうです。できる限り、1発合格を目指しましょう。

 

〇難易度・合格率は?

 水質関係第1種公害防止管理者の場合、平成25~29年度の合格率は約20~30%で推移しています。

業務独占の国家資格としては合格率が高めですが、一般的には難易度が高い試験といえます。

資格勉強で「過去問を○年分やっておけば合格できる!」というアドバイスもよく見かけますが、この資格に関しては通用しません。

しっかりとテキストを買って勉強しないと合格できない資格です。

また、この合格率は科目別合格制度を利用して2~3年かけて合格した方を含んでいるため、1発合格の合格率はさらに低くなります。大体10~15%と思ってください。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

www.dokugaku-shikaku.work

 

また、難易度は危険物取扱者甲種より少し高いぐらいです。一発合格を狙うと難易度はさらに上がります。しっかりと準備して試験に臨みましょう。

 

〇勉強量は?

人によって、勉強量は違いますが、私の場合は以下の通りです。

 

  • 勉強期間:6か月(途中1か月中断)
  • 平日勉強量:1時間(通勤時30分+就寝前30分)
  • 休日勉強量:2~3時間
  • 休養日:週1日
  • 勉強時間(概算):200時間くらい

 

暗記量が多い試験なので、結構時間が必要でした。

化学出身の方であればもっと少ない勉強時間でも合格可能かもしれませんが、 200時間程度が平均的な勉強時間だと思います。

勉強法、各科目の解説はこちら 

kurupan.hatenablog.com

 

〇まとめ

本記事では公害防止管理者について解説しました。

ポイントとしては、

  • 公害物質発生工場では必ず一人は有資格者を配置する必要がある(必置資格)
  • 工場勤務の資格としては難易度が高め
  • 上記の理由から、市場価値は高く、転職にも有利!

という点が挙げられます。

難易度は高いですが、チャレンジしてみる価値がある資格だと思います!

みなさんもぜひ取得を目指してみてください。

 

私が一発合格したときに使ったおすすめテキスト・参考書・問題集はこちら↓ 

www.dokugaku-shikaku.work

kurupan.hatenablog.com

初めにすべきことを確認しましょう 

www.dokugaku-shikaku.work

公害防止管理者は次のステップに繋がります。 www.dokugaku-shikaku.work