独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

TOEICの会社が作った無料のリスニング教材アプリ「English Upgrader」

kurupanです。

 

私のように留学経験がない日本人が英語を勉強するうえで大きな障害となるのが、リスニングだと思います。

リスニングはとにかく毎日英語を聞き続けることが重要ですが、私のように日本の一般的な会社員として毎日を過ごしていると、英語を聞くための時間を確保するのがなかなか難しいと思います。

今回はそんな人におすすめな無料の英語リスニング教材アプリEnglish Upgraderをご紹介いたします。

 

 

English Upgraderとは?

TOEIC presents English Upgrader
TOEIC presents English Upgrader
開発元:The Institute for International Business Communication
無料
posted withアプリーチ

English Upgraderとは、TOEICの作成会社であるETSがリリースしている英語学習アプリです。

もともとはiTunesStoreで人気を博し、ランキングで1位を獲得したpodcastです。

podcastの内容をアプリ向けに編集し、さらに単語帳機能などを加えたものがこのアプリです。

太っ腹なことに無料です。

 

どんな人におすすめ?

後述しますが、このアプリの最大の特長は「聴覚だけでリスニング勉強が完結する」点です。

リスニング教材は数多くありますが、本とセットで勉強するものが多いです。そのため、結局は聴覚だけでなく、視覚が必要になります。

この教材は聴覚だけで完結させることができるため、イヤホンで聴くだけで使うことができます

そのため、通勤時に電車を使わない人など毎日本を開いて勉強する時間を確保するのが難しい方におすすめです。また、本をわざわざ開く必要がないため、少しのすき間時間を有効活用したい人にもおすすめです。

 

内容

Episodesとして10~20分ほどの英語リスニング教材が60本ほど収録されています。無料の教材としては破格のボリュームです。

教材は概ね以下の構成をとっています。

  1. 状況説明
  2. 英語の会話音声
  3. 英語の会話の解説(日本語)
  4. 会話に出てきたフレーズのおさらい
  5. 会話の日本語訳

3.英語の会話の解説が日本語音声でされているのがミソで、通常の書籍の教材であれば書いてある解説を音声化しているため、聴覚のみで学習を完結できます。

難易度は結構高めですが、解説を聞いてから再度聴きなおすと、少しマシになります。

諦めずに何度も聞いていると、自然と頭に入ってくるようになります。

また、音声で完結すると説明しましたが、アプリには英語・日本語字幕、会話に出てくるフレーズ集もついているので、英文を読みながらリスニング学習、といった使い方も可能です。

 

おすすめの使い方

聴覚しか使わないことを活かして、英語の勉強時間を確保することができます。

通勤時の徒歩移動時に使う

この使い方が一番使いやすいと思います。

移動前にEpisodeを選択し、歩きながらリスニング学習するのが便利です。

私は通勤時に電車の乗り換えで10分ほど歩くので、その時に使っています。

車の運転中に使う

視覚を必要としないため、車の運転をしながら勉強することができます。

日頃かけている音楽の代わりにこちらで勉強してはいかがでしょうか。

お風呂で使う

入浴中は勉強するのに向いていることが知られていますが、お風呂の中に本を持ち込むのに抵抗がある人は多いと思います。

そこで、防水ケースを使ってスマホをお風呂に持ち込めば、お風呂の中で勉強することができます。

 

まとめ

本記事では、TOEICの会社が作った無料のリスニング教材アプリ「English Upgrader」をご紹介しました。

通常、ネイティブを雇う必要があるため、英語のリスニング教材は高価なものが多いですが、本教材は無料でありながら十分な量の英語の会話を聞くことができます。

時間の確保が難しい方でも、歩いている時間などをうまく利用すれば勉強することができます。

英語のリスニングの勉強に困っている方はぜひお試しください。

 

スキマ時間の勉強には、mikanもおすすめです。 

www.dokugaku-shikaku.work