独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

【気胸入院体験記】気胸での入院から退院しました!・・・が

kurupanです。

 

気胸にかかり、入院していましたが、先日退院しました! 

www.dokugaku-shikaku.work

 

入院初日から肺から漏れ出た空気を追い出し、肺を拡張するドレーン処置をしていましたが、入院10日目で肺の穴が自然治癒した可能性があったため、この処置を止め、一晩たっても肺が収縮しなかったため、肺の穴が塞がったと判断し、ドレーン用の管を抜去しました。

さらに翌朝、レントゲンを撮ると、なぜか少し肺がしぼんでいるものの、ドレーン抜去時に空気が入り込んだ可能性などもあること、しぼみ方が軽度なことから、退院して通院で様子を見ることになりました。

久しぶりに外にでたので、ちょっと新鮮な感じでした。運動不足も感じました・・・。

 

 

で、今朝が退院してから初のレントゲン検査だったのですが・・・

さらに肺が少ししぼんでいる・・・

えぇ・・・

医者曰く、

「再度、かなり小さな穴が開いてしまったのかもしれないですね・・・」

「まだ軽度なので、また明日レントゲンをとりましょう。さらにしぼんでいたら、再入院です。手術することになると思います。」

とのこと。

正直、めちゃめちゃ落ち込みました・・・

マジか・・・またあの生活に逆戻りか・・・

 

しばらく家で悲しんだのち、入院の準備を整えつつ、安静にしてました。

明日になったら回復してないかなあ・・・という一縷の望みにかけてみます。

が、やっぱり再入院の可能性が高いと思うので、今晩は入院したら食べられない焼き鳥でも食べようと思います。

はあ・・・

まあ、気胸は再発率が高く、手術をすることで再発率を50→5%くらいに低減できるらしいので、今後の生活のことを考えると、手術したほうがいいんですけどね。

でも、一番いいのは、手術なしで再発しないこと・・・

明日のレントゲンで回復していますように。

 

入院中に始めたITパスポートの勉強も続けています。

ITの知識が全然ない私でも読みやすいテキストなのでサクサク勉強できてます。

また、読み終えたらレビューしますね。

平成30年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 (情報処理技術者試験)

栢木 厚 技術評論社 2017-11-30
売り上げランキング : 381
by ヨメレバ