独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

危険物取扱者試験の勉強法・おすすめ参考書 過去問は必要?

 

kurupanです。

 

私は2019年に甲種危険物取扱者試験に一発合格しました。

その経験を踏まえて、危険物取扱者試験の勉強法とおすすめの参考書について解説します。

危険物取扱者って何?という方はこちらの記事をどうぞ

www.dokugaku-shikaku.work

 

f:id:kurupan:20190313221533j:plain

 

  

まずは例題を解いてみよう

勉強を始める前に、公式サイトの例題を解いてみましょう。

www.shoubo-shiken.or.jp

過去に出題された問題で構成されているので、実際の出題傾向を知ることができます。

解いてみて、どう感じましたか?

「物理学および化学」の問題や、危険物の性質に関する問題は、案外解けたのではないでしょうか。

危険物取扱者試験の問題は

  • 危険物に関する法令
  • 物理学及び化学
  • 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

の3つに分かれており、受験者の専門性によっては、勉強が不要な問題もあります。

このような既に知っている分野の勉強は後回しにしましょう。

資格勉強は効率との勝負です。わからないところ、かつ出題される分野を集中的に勉強しなければいけません。

そのために、最初にこの例題を解いて、自分の苦手な分野を把握しましょう。

出題されやすい分野に関しては、後述する参考書のような出題頻度の情報が収録された参考書を使って調べるのが効率的が良いのでおすすめです。

 

過去問はネットでOK!

自分の苦手な分野が分かったら、参考書で勉強しつつ、問題演習を繰り返しましょう。

危険物取扱者試験は暗記が多いので、繰り返し問題を解きながら覚えるのが合格への近道です。

危険物取扱者試験は試験問題を持ち帰ることができないため、公式サイトの例題を除いては、正式な過去問が公開されていません。

代わりに、有志が作成した過去問&予想問題をネットで入手することが可能です。

消防設備士・危険物取扱者に挑戦

問題が豊富すぎる・・・。しかも簡単な解説までついてます。

過去問演習はこのサイトで十分だと思います。予想問題集も市販されていますが、後述の参考書とこのサイトの過去問があれば不要です。

実際、私もこのサイトで過去問演習を済ませました。スマホでも見られるので便利です。

 

 

 

参考書はユーキャンで

危険物取扱者試験(特に甲種)は範囲が広いので、問題演習だけで対策を完了させるのは難しく、参考書を1冊買う必要があります。

私は自分が使ったユーキャンの「危険物取扱者 速習レッスン」シリーズを推します。

 

ポイントとしては、

  • 出題頻度が記載されている
  • 予想模擬試験(2回分)が付いている
  • イラストが豊富でわかりやすい
  • 丸暗記が必要な項目(法令対象など)を覚えるためのゴロ合わせ付き
  • 各項の終わりにまとめページが付いているので、手早く復習できる
  • 各章の終わりに演習問題あり
  • 試験直前の要点チェック用の小冊子がついている

などなど・・・。

十分すぎるくらい内容が豊富ですし、いろいろな勉強スタイルに対応しています。

個人的には出題頻度が記載されているので、集中的に勉強すべきところがひと目で分かるのがgood。

演習問題もたくさん収録されているので、別途問題集を買う必要もないです。不足を感じたら、ネットの過去問でOK。

とりあえずこれ一冊買っておけば間違いないです。

他のテキストに手を伸ばさず、この1冊を繰り返し読みましょう。

私は5周くらい読みましたが、多分3周くらいで十分だと思います。

 

まとめ

本記事では、危険物取扱者試験の勉強法と、おすすめ参考書を紹介しました。

覚えることが多いので、根気がいる資格ですが、決して難しい資格ではありません。

繰り返し勉強すれば必ず合格できます。諦めずに勉強を続けましょう。

本記事が皆様のお力になれば幸いです。