独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

電験三種のおすすめ勉強法・テキスト・問題集を紹介!

 

 

kurupanです。

本記事では、電験三種のおすすめ勉強法、テキスト、問題集をご紹介します。

 

電験三種って何?という方はこちらの記事をどうぞ。

 

www.dokugaku-shikaku.work

 

 

 

 

おすすめ勉強法:過去問を解こう!

まずは、過去の問題(過去問)を解いてみましょう。

過去の問題を公式HPで見ることができます。

まずは自分の今の実力を把握しましょう。

www.shiken.or.jp

なかなか難しかったのではないでしょうか。今は、全然解けなくてもいいのです。重要なのは、目標点数に対して、今の自分の実力がどれくらいなのかを把握することなのです。

電験三種試験の合格基準は明確には決まっていませんが、例年、各科目60%以上になることが多いです。

自分が苦手で、合格基準に達していない科目はどれか、どの科目なら伸ばしやすそうか、しっかり分析しましょう。

 

おすすめ講座・テキスト・問題集

おすすめ講座

独学での取得が難しそうであれば、カリキュラムを組んでくれるユーキャン などの通信講座を利用するのもありです。

特徴としては以下の通り。

  • デジタル教材を使えるため、スマホタブレット・PCで、いつでもどこでも学習できる。
  • 最新の法改正に対応してくれるため、自分で調べる必要がない。
  • 質問サービスがあり、一人ではわからないところを質問できる。
  • メインテキスト、副教材も全て含まれており、自分で選ぶ必要がない。
  • 高校数学の復習テキストもあるので、数学が苦手な方でも安心。
  • 学習カリキュラムを組んでくれるので、勉強だけに集中できる。

気になる方は無料で資料請求してみてくださいね。

 

おすすめテキスト・問題集

おすすめのテキスト・問題集は「みんなが欲しかった!電験三種」シリーズです。

 

おすすめポイントは以下のとおりです。

  • 難解な用語を省き、やさしい言葉で説明しているので、初学者でも安心。
  • 各セクションの冒頭にまとめページがあり、情報を整理しやすい。
  • 重要問題を集めた問題集付き。インプット・アウトプットの両方に対応できる。
  • カラー印刷で見やすい。
  • 教科書と問題集は分冊化して分けることができるので、持ち運びに便利。

初学者や、文系の方でも安心です。

問題演習が不足しているな、と感じる場合は、過去問題集を活用しましょう。公式HPに過去問題集がありますが、解説がないと難しいです。

まとめ

本記事では、電験三種試験のおすすめ勉強法・テキスト・問題集を紹介しました。

簡単な試験ではありませんが、人気資格だけあって教材が充実しています。しっかり勉強することで、合格することができます。臆せずに取り掛かりましょう。

この記事が少しでも皆さんのお力になれれば幸いです。