独学で資格を取得するエンジニアの日々

現役技術者が独学で資格を取得しながら、おすすめの参考書・問題集を紹介するブログ

ITパスポート試験の独学勉強法・おすすめ参考書

 

kurupanです。

 

本記事では、ITパスポート試験の独学勉強法について解説します。

結論から言うと、ITパスポート試験は独学で十分合格できる資格です。

ぜひ独学での合格を目指してください。

 

ITパスポートって何?という方はこちらの記事をどうぞ

www.dokugaku-shikaku.work

www.dokugaku-shikaku.work

 

 

 

 

まずは過去問を解いてみよう!

ITパスポートは過去問が公開されています。

また、受験者数が多いこともあって、過去問を解ける(しかも解説付き)サイトが充実しています。

特に「ITパスポート過去問道場」様は

  • 10年分の問題が揃っている
  • すべての問題に解説付き
  • 会員登録すると自分の正答率がわかる(分野ごとの正答率分析も可)
  • 出題年度、分野等の細かい設定ができる

など、至れり尽くせりの内容です。なんと無料

このサイトがあるので、問題集の購入は不要です。フル活用しましょう。

www.itpassportsiken.com

 

このサイトで過去問を一年分解いてみて、自分の実力を把握しましょう。

合格点は全体で6割&各科目で3割以上です。

ITパスポートの出題は「浅く広く」の傾向があるので、日頃から新聞やビジネス書を読んでいる人であれば、勉強せずに合格点を取れる人もいるかもしれません。

そういう人は何度か過去問演習を繰り返すだけでOKです。

さっさと受験してしまいましょう。

 

おすすめの参考書

過去問演習だけだと厳しそう・・・という方は参考書で勉強しましょう。

ITパスポート試験はIT初心者用の試験ということもあって、易しい参考書が充実しています。

私のおすすめはこちら。

イラストが多く、イメージがつかみやすいのが特徴です。

ちなみに、タイトルにある「クレバー方式」というのは

「○○とくれば××」というように、連想して用語を覚える仕組みのことです。

イラストで覚えにくい用語などは、このクレバー方式でカバーしています。

僕もIT初心者でしたが、この本で無事合格することができました。

2周ほど勉強すれば、十分だと思います。1ヶ月で終わらせてしまいましょう!

 

まとめ

本記事では、ITパスポート試験の独学勉強法について解説しました。

まずは、過去問を解いてみて、自分の実力を判断してから、

参考書の購入を検討しましょう。

参考書は、イラストが多い、わかりやすいものを2周勉強しましょう。

ぜひ、独学取得してみてください!